まちぽっとについて

new!!!
NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  トップ  >  2011年度事業報告

2011年度事業報告

【期間;2010年4月~2011年3月】


2010年度総会で決定した中期計画(2010~2012年度)では以下の4つの重点課題を定め、それぞれの課題に基づくプロジェクトを設け、事業を実施した。
① 市民自治・分権の推進と提案
② 市民活動・事業を強化する地域資源の活用推進
③ 市民による『まちづくり』の推進と提案
④ 地域で支える住まいと福祉の提案

1.市民社会政策(自治・分権)研究


⇒子育て・高齢者介護の地域情報ネットワーク形成事業に取り組む。
⇒市民討議会など無作為抽出による市民参加事例の調査、市民参加手法の比較・分析を行う。
■ 東京生活者ネットと各地域生活者ネットのHPに子育てと高齢者介護をテーマにした地域情報と政策提言などを掲載することを目指して、東京生活者ネットワークの研究会運営に協力し、コンテンツの作成、情報発信システムの設計について取り組んだ。
■新宿区第二次実行計画素案検討の区民討議会の企画運営業務を受託し、市民参加手法としての市民討議会の推進を行うととともに、市民討議会を含む討議民主主義の手法について調査研究を行った。
■市民活動推進の基盤となるNPO法制度の立法活動の記録の編纂を、日本NPOセンターとの共同事業として立ち上げ、まちぽっとを事務局として事業をすすめた。
→プロジェクトのページへ

2.市民活動・事業を強化する地域資源の活用推進


「草の根市民基金助成・ぐらん」など地域資源(市民資源)の活用による市民活動支援
⇒資金、土地・建物などのアセットなどの地域資源の社会的活用の調査研究と提案
■草の根市民基金助成は、都内助成部門で300万円、アジア助成部門では新規50万円を助成した。2010年度のアジア助成で該当団体がなかったため、2011年度の継続助成は行われなかった。
「ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)」は、11月19日にフォーラムを開催し設立した。また、市民意見の形成を行うアドボカシーカフェ企画を開催した。HPやfacebookで広報を進め、10月29日の朝日新聞朝刊でも紹介された。
■アセットマネジメント研究会は震災の影響もあって他の事業が多忙となり、6月以降は休止した。
■以前作成した非営利金融・アセット研究会の提案をもとに、非営利事業への出資・税制優遇制度、NPOバンク法などについて提言活動に取り組んできた結果、国交省の政策形成に一定の影響をもつことができ、被災地支援を行うこととなった。

3.市民による『まちづくり』の推進と提案


⇒市民―コミュニティが主体となってまちづくり推進に必要なまちづくりの制度、仕組み、手法などの調査研究と提案。
・東京の都市政策ビジョンについて、温暖化防止、住宅、福祉、国際競争などのテーマで研究に取り組んだほか、福祉にからめた市民事業による住まい―まちづくりについて事例研究を行った。

4.地域で支える住まいと福祉の提案


⇒市民が自立した生活の基礎となる福祉、住まいを地域社会が支えていくための政策・仕組みづくりと、そうした活動を行う市民事業の支援。
■市民事業による福祉の住まいづくりが実現するための事例調査を行うとともに、もうひとつの住まい方推進フォーラムのテーマ設定に関連して、高齢者の住まいについての法制度の問題点などについて検討をした。
■もうひとつの住まい方推進フォーラム2011「どうする!サービス付き高齢者住宅―改正高齢者住まい法を問う―」の企画運営の支援を行った。
→もうひとつの住まい方(AHL)推進協議会のページへ

5.その他事業


生活クラブ生協、住まいのプラットフォーム事業協力
■JST研究開発PJ「快適な天然素材住宅の生活と脱温暖化を「森と街」の直接連携で実現する」
■国土交通省、調査事業・補助事業
・市民ファンドを活用した復興住宅による、まちづくり型地域復興調査事業
・気仙沼市、登米市におけるまちづくり支援、生活支援のためのコーディネート事業
■桜美林大学リベラルアーツ学群講座「NPO/NGO実務実習I、同II」授業担当


6.情報の発信・出版


■まちぽっとセミナー
・第1回「討議デモクラシーと市民討議会」;3月12日
・第2回「人口縮小社会における住宅政策」;3月24日
■季刊誌、書籍発行
・「季刊まちぽっと」第12号(4月28日)、第13号(8月5日)、第14号(11月11日)、第15号(1月15日)の発行。

■ホームページによる情報発信

7.アドボカシー活動


■特定非営利金融事業法の提案。
→非営利金融・アセット研究会のページへ
■もうひとつの住まい方の提案
もうひとつの住まい方研究、及びAHLでの研究成果をもとに、関係する諸団体と協力をして、住まいのセーフティネット政策についての政策提案活動を行う。
→もうひとつの住まい方(AHL)推進協議会のページへ
■シンクタンク研究会
■新しい公共推進会議に向けた政策提言サポート

8.市民活動支援


・生活クラブ運動グループ東京運営委員会
・NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会
・東京コミュニティパワーバンク
・NPO法人アビリティクラブたすけあい
・社団法人コミュニティネットワーク協会
・市民ファンド連絡会設立準備会
・インクルーシブ事業連合
・新宿区NPOネットワーク協議会
・新宿区地域活動支援
・市民政調「新しい社会づくり」推進会議推進委員

9.行政・市民団体等事業委託


大学、行政、市民団体などから、法人の目的に即した事業依頼があった場合は、事業方針に関連し、自主事業に差し障りのない範囲で、随時事業委託等を受ける。

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250