まちぽっとについて

new!!!
NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  トップ  >  主なスタッフ

主なスタッフ

辻 利夫 Toshio Tsuji
1946年東京・品川生まれ。1971年東京教育大学中退。雑誌記者・編集者などを経て、1993年東京ランポ設立とともに専従スタッフとなる。1980年情報公開法を求める市民運動の結成に加わり、情報公開制度の制定運動に取り組む。東京都品川区在住。

 品川に生まれ育って、今も生家に住んでいる“品川原人”です。ここ10年ほど町内会やPTAの活動に関わって少子高齢化の進行と、地域を支えてきた町工場や商店などの廃業によるコミュニティの空洞化が深刻になってきています。品川臨海部の超高層ビルの建設ラッシュと裏腹に、この先、このまちで暮らしていけるのか、そんな不安が地域に声こそ大きくありませんが広がってきているように思います。  町内会、学校・PTAやNPOも含めた多様なコミュニティが、「安心して暮らしやすいまちを市民自身で育て、つくって、子どもたちに伝えていくこと」を目指して連携、協力し地域社会の再生を図っていくことがまちづくりの課題だと、地域の実態を見るにつけ実感しています。

奥田 裕之 Hiroyuki Okuda
1963年千葉県生まれ。大学卒業後、生活クラブ生協・東京へ入職。その後、NPO法人コミュニティファンド・まち未来事務局、東京コミュニティパワーバンク事務局、草の根市民基金・ぐらん事務局を経て現在にいたる。東京都武蔵野市在住。

 ひょんなことから、コミュニティファンドやNPOバンクなどの新しい仕組みつくりを仕事にすることになり、その延長線上で法律のしろうとであるにも関わらず、法制度の提案やロビー活動なども、多くの仲間とともに行ってきました。それらの中で感じたことは、「社会的な新しい仕組みつくりは、その目的に共感を持ってもらえれば、性別や年齢を問わずに多くの志ある人が参加してくれる」ということです。  いまの日本社会は、ますます不安定な部分が大きくなってきていますが、非営利セクターの中でいろいろな社会的な課題を解決しようとしている人、またそれに参加したいと考えている人がたくさんいます。それらの人たちと一緒に、さらに企業セクターや行政セクターとも可能な限り協同して、新しい社会をつくることができたらと思っています。

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250