活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  募集・お知らせ

募集・お知らせ

ソーシャル・ジャスティス基金 【助成公募・第5回】 のご案内
2016-08-11

◉◉受付は終了しました◉◉
▶「ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)」からのお知らせです

ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)は、「認定NPO法人まちぽっと」による日本最初の市民ファンド「草の根市民基金・ぐらん」に次ぐ2つめの助成事業です。一人ひとりの声が生かされる社会、声なき声に想いを寄せられる社会、「公正」な社会づくりをめざし、見逃されがちだが大切な社会課題への取り組みを応援しています。

この助成は資金提供だけではなく、課題の共有を広げる対話の場づくり
(アドボカシーカフェ/フォーラム/ダイアローグ)との両輪で進めています。

【助成申請 受付期間】 2016年9月1日(木)~ 9月30日(金)

【助成テーマ】 以下がテーマの「アドボカシー活動」を対象とします。
   ● 公募テーマ1:「子ども・若者の未来に関する取り組み」 
   ● 公募テーマ2:「原発事故による社会課題解決への取り組み」
   ● 公募テーマ3:「見逃されがちだが、大切な問題に対する取り組み」

【助成金額】 総額 300万円(1案件の助成上限は100万円)
【助成期間】 2017年1月から最長2年間

【応募資格】
■「不公正の是正」「市民社会の形成」を目的とした、アドボカシー事業であること
助成は「社会課題の現場で直接的な支援やサービスを提供する活動」ではなく、「社会課題の原因を改善し、新たな制度を社会提案するアドボカシー活動」で、現場・地域の直接的活動なども含めて普遍性のある活動を対象とします。

■ アドボカシーカフェを共催し、多様な市民との対話ができること
SJFでは、アドボカシー活動を実現するには一方的に意見を主張するのではなく、多様な皆さまとの対話による提案のブラッシュアップが欠かせないと考えています。そのため、助成決定団体については、助成団体が提案するテーマを共に議論し、意見をつくり上げる場「アドボカシーカフェ」を共催し、企画協力やご登壇いただくことを条件とします。

▷上記は抜粋です。助成公募の詳細はこちら

応募へのご参加をお待ちしております。



認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250