活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  募集・お知らせ

募集・お知らせ

10/18(火)アドボカシーカフェ『難民と生きる - ヨルダンと日本の支援現場から』
2016-10-02

◉◉このお知らせは終了しています◉◉
▶「ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)」からのお知らせです

第46回・アドボカシーカフェの開催が、10月18日(火)に決定いたしました。
テーマは『難民と生きる - ヨルダンと日本の支援現場から』です。

【日 時】2016年10月18日(火) 18:30~21:00 (開場 18:00)
【会 場】文京シビックセンター 4階 シルバーホール
     東京都文京区春日1-16-21(丸ノ内線・後楽園駅1分、三田線/大江戸線・春日駅1分)

▷ご案内ページはこちら

【ゲスト】

● 内海 旬子さん(写真 右)
  日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)
  海外事業担当
  地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)理事
  日本体育大学非常勤講師(ソーシャルワーク)

● 鶴木 由美子さん(写真 左)
  認定NPO法人 難民支援協会 定住支援部・コミュニティ支援担当
  国際協力NGO の将来を背負っていくと期待される個人に授与される
  アーユスNGO新人賞(第3回)受賞

2015年に日本で難民認定を申請した人は7586人と認定制度発足以降で最多となり、うち認定された人は27人でした。「おもてなし」まではできても、日常生活をともにするところまでは難民を受け入れられないでいる日本。どこか他人ごとの域を抜け出せないでいます。お互い支援しあって生きやすくなる、そんな共生社会の実現につなげるにはどうしたらよいのでしょうか。

この企画では、シリア難民をヨルダンで、多様な国からの難民を日本で、課題に直面し、解決を模索しながら支援しておられる方々と対話します。すべての人の尊厳が守られる社会への第一歩を、みなさんと一緒に考えていきます。ぜひご参加ください。

【参加費】 一般1,000円/学生500円(当日受付にてお支払ください)

※事前にご登録ください※
▷お申し込みページはこちら



認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250