活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

仕事の依頼はこちらから

募集・お知らせ

  
2016-02-16

◉◉このお知らせは終了しています◉◉
▶「まちぽっと」からのお知らせです

   ■■■ 『 NPO法立法過程記録 編纂・公開記念シンポジウム』
      - 市民が法律をつくる、活動を記録する、共有して学ぶ - ■■■


認定NPO法人まちぽっとでは、1998年に施行されたNPO法の立法過程におけるおよそ10年間に渡る書類を整理し、様々な分野のキーパーソンへのインタビューを行うなど、NPO法制度制定当時の編纂記録事業を行ってきました。その編纂記録は、2016年2月に国立公文書館への寄贈に向け最終的な打診をしており、寄贈が決まれば日本社会における市民活動制度化の記録が、初めて歴史文書として保存される予定です。

この記録は単なる過去の歴史資料ではなく、現在と今後の市民社会の形成や政策立案等に有益な内容を含んでいます。また市民、市民団体、企業、行政が協働した社会的ダイナミズムを見ることは、様々なアドボカシ-活動にも活かされていくと考えられます。そのため今回NPO法の成立過程とその社会的な意味を題材に「市民が法律をつくり、活動を記録し、共有して学ぶ」を考えるシンポジウムを開催します。
市民社会に関心ある、たくさんの皆様のご参加をお待ちしています!

【日 時】3月2日(水)18:00-20:30   ** 受 付 17:45 **
【会 場】東京ボランティア・市民活動センター会議室
     新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
     <JR総武線>飯田橋駅 西口、隣接するビルが「セントラルプラザ」
     <地下鉄 有楽町線、東西線、南北線、大江戸線>飯田橋駅下車
      「B2b」出口より セントラルプラザ1階に直結 ・アクセスMAP ⇒ 

【参加費】1,000円(先着80名とさせていただきます)
     ▶ 定員となりましたのでお申し込みは終了しました

【当日の内容】
1.NPO法の成立プロセスで起こったこと、積み残した課題  ・チラシはこちら⇒ 

  ≪登壇者≫
   ・堂本 暁子氏(元参議院議員、元千葉県知事)
   ・松原 明氏(認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会理事)
   ・山岡 義典氏(公益財団法人助成財団センター 理事長)
   ・辻元 清美氏(衆議院議員/NPO議員連盟) 予定
   ・辻 利夫(認定NPO法人まちぽっと)/司会

2.市民活動を記録する、アーカイブ化する
  ≪登壇者≫
   ・三木 由希子氏(NPO法人情報公開クリアリングハウス理事長)
   ・高木 恒一氏(立教大学教授、立教大学共生社会研究センター長)

3.今後の市民社会に向けて、この資料をどう使っていくか?
  ≪登壇者≫
   ・新田 英理子氏(認定NPO法人日本NPOセンター事務局長)
   ・中村 国生氏(NPO法人東京シューレ事務局長)

■主 催:認定NPO法人まちぽっと
■協 力:NPO法人情報公開クリアリングハウス、認定NPO法人日本NPOセンター
     認定NPO法人シーズ、NPO法人市民がつくる政策調査会
■企画助成:公益財団法人庭野平和財団


2016-01-26

◉◉このお知らせは終了しています◉◉
▶「草の根市民基金・ぐらん」からのお知らせです

  ◇◆◇◆ 草の根市民基金・ぐらん『2015年度公開選考会』のご案内 ◇◆◇◆ 

まちぽっとが運営する市民ファンド「草の根市民基金・ぐらん」2015年度の公開選考会が、
2/27(土)に決定いたしました。
「ぐらん」では、資金を必要な社会的な活動に透明性の高い資金をご提供することと同様に、
それらの活動を多くの方に知っていただき、交流することを大切にしています。
ご興味のある方は是非お越しください!

 日 時:2016年2月27日(土) 13:00-17:00
 会 場:明治大学グローバルフロント 2階4021教室
      (JR中央線、丸ノ内線 御茶ノ水駅から徒歩3分)
 主 催:NPO法人まちぽっと
 協 力:明治大学社会的企業比較研究センター、生活クラブ生協

 ◎参加費無料
 ◎どなたでも参加できます   ≫≫ チラシはこちら ≫≫

 【お申し込み・お問い合わせ】
  草の根市民基金・ぐらん事務局 担当:奥田
  TEL:03-5941-7948  FAX:03-3200-9250
  メール:info@machi-pot.org

※昨年の選考会の様子は、こちらからご覧いただけます。


2016-01-19

◉◉このお知らせは終了しています◉◉
▶「ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)」からのお知らせです

第41回・アドボカシーカフェの開催が、2月15日(月)に決定いたしました。テーマは『性について ― 命と愛をどう学ぶ? 伝える?』です。

【日 時】2016年2月15日(月) 18:30-21:00 (開場18:00)
【会 場】文京シビックセンター 4階 シルバーホール

【ゲスト】小貫 大輔さん(東海大学国際学科教授)
     染矢 明日香さん(NPO法人ピルコン理事長)
【コーディネーター】寺中 誠さん(東京経済大学ほか講師)
  
性はタブーでしょうか。日本では性のタブー視に束縛され、性に関して悩み苦しんでいても声を上げることは難しいという現実があり、さらに多くの問題が潜在しています。もし、十分な性教育がなされていれば、インターネットなどを通して氾濫する性の情報に惑わされずに、自分と大切な人を守るための判断がもっとできるのではないでしょうか。

「性」は、「命」と「恋愛」の両方の問題。素敵な大人になっていく変化を子どもたちと楽しめるような性の伝え方は?自らの性を肯定的にとらえ、性被害にあわない、性加害をしない、対等で豊かな人間関係を築いていくことの大切さを伝えるには?命の根源について語り合い、信頼ある愛をささえる性教育は、どんなふうに進めたらよいのでしょうか?...さまざまな課題について、幅広く活躍されているゲストの方々と共に考えていきましょう。どうぞ気軽に、ご参加ください!

▷詳細について・お申し込みはこちら
※事前申込にご協力をお願い致します※


2016-01-07

◉◉このお知らせは終了しています◉◉
▶「まちぽっと」から新春企画!

いま、全国各地で自治体の新庁舎の建設が課題になっています。自治体の財政が厳しさを増す中で、もし新庁舎や公共施設を建設するなら、どのような方式が適切なのでしょうか。また市民は、それに対してどのような形で参加をしていくべきなのでしょうか。

今回のセミナーでは、公共施設建設の基本をお話しした後に、CM(コンストラクション・マネジメント)、DV(デザイン・ビルド)、PRI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)などの公共施設建設の手法と課題、多様な契約モデル事業等についてお話します。基礎知識から最新情報まで、全体像を理解できる企画です。ぜひご参加ください。

【日 時】1月25日(月)14:00-16:00
【場 所】東京・生活者ネットワーク会議室
     東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル4階
     東京メトロ副都心線・都営地下鉄大江戸線 東新宿駅下車(A1出口)
【参加費】2,000円(まちぽっと会員1,800円)

 ■■■ 当日の概要 ■■■

  「多様な市・区庁舎/公共施設建設方式」早わかり
    CM、DB、プロポーザル、PFI、土地委託、定期借地権方式…って何?

    講 師:伊藤 久雄氏(NPOまちぽっと理事)/ 畑山 弘氏(昌平橋CM研究会代表理事)

   ◎Part1:公共施設建設の歴史と分類、現在の公共調達をめぐる状況変化、CM・DB・PFI etc. とは?
   ◎Part2:従来の庁舎建設プロセス、多様な入札契約モデル事業、国交省ガイドライン など

 □■■■□□□■■■□□□■■■□□□■■■□□□■■■□□□■■■□□□■■■□□□■■■□

 ●詳細・申込用紙(PDF)はこちら⇒  ※事前申込にご協力をお願い致します
 
 ●お問い合わせ事務局・担当 奥田
  TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250
  メール:info@machi-pot.org


2015-12-06

◉◉このお知らせは終了しています◉◉
▶「ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)」からのお知らせです

ソーシャル・ジャスティス基金は第4回目の助成先を公募し、書類と面接による審査をへて3つに決定しました。これも、みなさんのご協力とご支援のおかげです。深くお礼申し上げます。

新たな助成先は、どのような社会的課題に気づき、その解決のために、どのような原因を見出し、社会をどのように変えていこうとしているのでしょうか。「これが問題だ」との声なき声もすくいあげ、異なる認識をしている人々とも対話し、一緒に解決していこうとしています。差異を認め合いながら、本質的に大切なことのために歩み寄ろうとしています。このフォーラムで、助成先からお話をうかがい、対話交流してみませんか。

【日 時】2016年1月18日(月) 18:30~21:00 (開場 18:00) 
【会 場】新宿区 若松地域センター 2階 第1集会室
     東京都新宿区若松町12-6 (大江戸線・若松河田駅 河田口 徒歩2分)
【参加費】無料
     ▷詳細・お申込はこちらにてご確認ください 

 ~~∴~~~~∴~~~~∴~~~~∴~~~~∴~~~~∴~~~~∴~~~~∴~~~~∴~~

●助成テーマ1「子ども・若者の未来」に関するアドボカシー活動

 「若者と政治に新しい出会いを届ける『票育』授業プログラム 」
  NPO法人【僕らの一歩が日本を変える。】 … 発表者:後藤寛勝さん(代表理事)…

18歳選挙権を社会にとって意義のあるものにするには、公教育における新しい政治教育の仕組みが必要だ。多くの当事者世代が、自分で考え社会に対して選択肢を生み出してゆくために。中高生が自ら地域社会の課題に気づきアクションに移すプロセスを重視したアイディア満載の授業プログラムを全国で実施する。 

●助成テーマ2「原発事故による社会課題解決」のためのアドボカシー活動

 「Support and Survey on Young Generations/SOYプロジェクト
             ~保健室および地域の健診データ記録・蓄積化~」

  NPO法人【OurPlanet-TV】 … 発表者:白石草さん(代表理事)…

放射線被曝による子どもの体調悪化を早期に把握し、健康管理を記録する仕組みの土台づくり。散在する検診の先進事例を集約し研究、養護教員たちと子どもの健康モニタリング指針を共有する。

●助成テーマ3「見逃されがちだが大切な問題」についてのアドボカシー活動

 「加害者家族の現状と支援を考えるシンポジウムの開催」
  NPO法人【WorldOpenHeart】 … 発表者:阿部恭子さん(理事長)…

加害者家族とレッテルを張られた子どもたちが、自ら罪をおかしたわけではないのに、教育の場からも排除され、進学・就職・結婚差別に悩まされているが、声を上げることも難しい。加害者家族について、多くの市民が情報を共有し、社会的排除から包摂へと認識が変わることを目指す。

 ~~∴~~~~∴~~~~∴~~~~∴~~~~∴~~~~∴~~~~∴~~~~∴~~~~∴~~


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 23 »

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250