活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

最新ニュース

  
2016-01-09

「まちぽっと」の助成事業団体のひとつである「ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)」が、出版資金を募って『民主主義をつくるお金』を出版しました。
是非、ご一読ください。


□編 著:
 ソーシャル・ジャスティス基金
□発 行:ハンズオン!埼玉 出版部
□定 価:本体1000円+税

▷詳細についてはこちら
▷ご購入は購入フォームから


2015-10-14

NPO法人市民がつくる政策調査会と共同して編集発行している『季刊アドボカシー』の最新号ができました。

特集:
動き出すセクシュアルマイノリティの人権政策
─ 多様性を認め合い、
誰もが生きやすい社会へ

⇒詳細はこちら

近年、海外で同性婚を法的に認める動きが広がるなど、セクシュアルマイノリティの人びとの人権を保障しようという動きが加速しています。本号では、日本での現状や、一連の政策の動向についての情報を載せています。

一般の方にも販売しております。※会員は無料
A4版32ページ/500円(送料別)
⇒ご購入は
購入フォーム(備考欄に書名とNo.を表記)から
⇒会員登録はこちら


2015-08-11

◉◉市民の力で「未来をつくりだす一歩」を◉◉
受付は終了しました

ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)は、「認定NPO法人まちぽっと」による日本最初の市民ファンド「草の根市民基金・ぐらん」に次ぐ2つめの助成事業です。社会課題解決のための市民による政策提案・社会提案型の事業を応援することを目的に2011年10月に設立、支援を続けています。

【第4回・助成テーマ】
以下のテーマを対象とした「アドボカシー活動」
●公募テーマ1
 「子ども・若者の未来に関する取り組み」
●公募テーマ2
 「原発事故による社会課題解決への取り組み」
●公募テーマ3
 「見逃されがちだが、大切な問題に対する取り組み」

【支援金額】
 総額 300万円(1案件の助成上限は100万円)
【助成期間】
 2016年1月から最長2年間
【申込受付期間】
 2015年 9月1日~9月30日

▷詳細についてはこちらをご確認ください


2015-07-14

これまで発行してきた「季刊まちぽっと」に代わり、新しく「季刊アドボカシー」を、NPO法人市民がつくる政策調査会と共同して編集発行いたしました。
2015年6月30日発行



特集:パラダイムシフトした障害者政策―保護の客体から権利の主体へ
⇒詳細はこちら

一般の方にも販売しております。※会員は無料
A4版36ページ/500円(送料別)
⇒ご購入はこちらから
⇒会員登録はこちら


2015-05-31

◉◉皆さまのご協力により達成しました!◉◉
この度、ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)では、活動を広げ深める目的で、『民主主義をつくるお金』という本の制作・出版を企画しました。是非、皆さまからのご支援を、よろしくお願いいたします。

詳細はこちらから

※参加の締切は6月19日(金)23:00まで
※図は出来上がりのイメージです


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 12 »

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250