NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクトとは

活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  トップ  >  1-1 プロジェクトの背景と経緯

1-1 プロジェクトの背景と経緯

【プロジェクトの背景】

 「NPO法制度の制定過程の記録保存と編纂」事業が始まったのは2011年3月である。市民団体、政党などによる立法活動が本格化した1995年から16年がたっていた。
 1998年3月、議員立法として成立した特定非営利活動促進法(以下、NPO法とする)および2001年3月に制定された認定NPO法人制度について、それまでその立法過程を部分的に、あるいは概要を記録し、分析した文献は多数あるが、総合的にまとめられたものは研究書などに限られ、立法活動を担った市民団体など当事者である市民が主体となった総合的な立法過程の記録は末だまとめられていなかった。

 一方、市民団体および議員・政党などの当時の資料は未整理のものが多く、劣化、散逸するおそれが高まっていた。また、当時の関係者も高齢化しつつあり、時間の経過とともにNPO法の立法活動の記憶、経験などが風化することも否めないという状況から、立法活動の資料および関係者の証言を収集、整理、保存し、その記録をまとめることは、急務の課題でもあった。
 また、今日の市民活動の原点ともいえるNPO法制定過程の記録作成を通して、NPO法制度が持つ社会的な意義、市民団体の政策立案・立法活動と議員立法の意義を明らかにすることにより、これからの市民活動の発展を図るうえでも、極めて重要であるとして事業を企画したのである。

 記録の対象期間は、立法を求める市民レベルの動きが現れてきた1990年代初頭から1998年のNPO法制定を経て認定NPO法人制度が成立した2001年3月までとして、詳細な年表、文献・資料等のリストと関係者へのインタビューのまとめで構成している。

【プロジェクトの経緯】

 プロジェクトの第1期(2011年~2014年)は、記録の編纂に企画編纂委員会を設置し、編纂委員会の下に事業運営・編纂事務を行う事務局を設け、NPOまちぽっとがそれを担当した。
 日本NPOセンターとの共同事業として行われた。

 第2期(2015年~2016年)は、その記録を公的な文書として保管し公開するため国立公文書館への寄贈を目指して、新たな企画編纂委員会のもと資料等の再整理作業等を行った。
 実施に当たってトヨタ財団、笹川平和財団、三菱財団、庭野平和財団の助成を受けた。

 第3期(2016年~2017年)は、まとめた資料の存在を多くの皆さんに提示するとともに、現在の視点でそれらを活用することを目的にしたフォーラム等を開催している。
 実施に当たって庭野平和財団の助成を受けた。

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250