活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  トップ  >  市民ファンド

市民ファンド

トピックス

◉2013/8/1(木)市民セミナー開催「次世代のための資産活用」を開催します。
 詳細はこちらをご確認ください。
◉2013/7/13(土)「資産の社会的活用セミナー」を開催しました。
 近日、当日のレポートを掲載致します。  セミナーの詳細はこちらをご確認ください。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

まちぽっとでは、2つの「市民ファンド」の運営/2つの「資産の社会活用」がテーマの企画を進行しています。

■市民ファンド
・草の根市民基金・ぐらん HPをご覧ください
・ソーシャル・ジャスティス基金 HPをご覧ください

■「資産の社会活用」がテーマの企画
・「資産の社会的活用セミナー」(生活クラブ運動グループ)
・「税優遇と市民ファンドを使った資産の社会活用」(新宿区)

 ※2012年10月22日開催『第1回新宿区から始まる「新しい公共」と、資産の社会活用 - 税優遇と市民ファンドを使った、これからの社会貢献 -』→ 当日のレポートはこちら

※お知らせ※
NPOまちぽっとは2010年に「認定NPO」を取得しました。認定NPO法人へのご寄付に対しては、所得税、住民税の一部が控除されて税金が戻る税優遇が受けられるしくみがあります(確定申告が必要です)。詳しくはこちらのページをご覧ください。

概要

 NPOまちぽっとでは、市民活動・事業を強化するために「地域資源」の活用を進めていきたいと考えています。具体的には、市民からの寄付、サポートを募り、様々な活動へ資金提供するしくみを、「市民ファンド」として運営しています。
まちぽっとでは、次の2つの「市民ファンド」を運営しています。

草の根市民基金・ぐらん

 市民事業・活動への「はじめの一歩」、そして「ジャンプアップ」を支援するため、1993年に設立された日本で最も歴史のある“市民ファンド”です。市民からの寄付を資金源として、都内およびアジアで活動するNPO・NGOの市民活動・事業を支援するため、2012年現在までに134の市民団体・NGOに4, 911万円の助成を行ってきています。
 助成団体と寄付者を含む市民との交流を重視し、選考の過程も可能な限り公開するなど高い透明性が特徴です。
草の根市民基金・ぐらんのHPをご覧ください

ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)

 まちぽっとでは、2009年から2010年にかけて『SJF設立研究プロジェクト』として、アドボカシー活動など、資金が流れない状況にある市民団体に対してファンドレイズが可能な新たな社会的な仕組みを考えてきました。このプロジェクトをもとに、2011年に新しく設立した市民ファンドが「ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)」です。
 SJFは、普通の市民とNPOがともに社会を良い方向に変えていくことを目的とし、�助成事業、�対話(ダイアログ)事業、�募金事業の3つのプログラムを中心に活動をしています。
ソーシャル・ジャスティス基金のHPをご覧ください

メンバー

草の根市民基金・ぐらんのHPをご覧ください
ソーシャル・ジャスティス基金のHPをご覧ください

これまでの活動

草の根市民基金・ぐらんのHPをご覧ください
ソーシャル・ジャスティス基金のHPをご覧ください

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250