まちぽっとについて

new!!!
NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  トップ  >  市民による住まいづくり

市民による住まいづくり

トピックス

超高齢社会における高齢者の住まいが社会問題とされるなかで、市民の手による高齢者などの住まいづくりを進めるための政策が問われている。

高齢者等の住まい・暮らしを地域で支える政策課題の調査研究

 高齢者、低所得者、ひとり親世帯、子育て世帯、障がい者などの住まい・暮らしを、地域の生活圏を基盤に支えるために必要な福祉サービス、地域資源の実態などを地域の市民団体と共同で調査し、政策課題をまとめる研究です。
 東京の国立市、国分寺市、練馬区をモデル調査自治体とし、それぞれの自治体のうちから小学校区あるいは中学校区を1つ選び、その生活圏域での各種福祉サービスとその拠点、公共施設・住宅や空き家・空きアパートなどの地域資源、福祉と住まいのネットワーク、地域組織などの実態、実情について、悉皆的に調査し、これまでの政策検証、政策課題の抽出を行います。
 2012年度は、中学校区あるいは小学校区を対象とする調査モデル地区として、練馬区南ヶ丘中学校区、国分寺市国分寺第2小学校区、国立市国立第6小学校区を選定。地域の練馬・生活者ネットワーク、国分寺・生活者ネットワーク、国立・生活者ネットワークと共同して9~11月に地域福祉資源調査を行いました。また、大田・生活者ネットワークの要望で12月に大田区立糀谷中学校区の調査を実施しました。
<調査項目>
①地区のプロフィール、②地区の人口構成、高齢化率などのデータ ③地区の福祉資源
 a.公共施設 b.学校・保育園・幼稚園・児童館 c.自治会館・町内会館・集会施設など
 d.福祉施設など e.医療施設など f.公営住宅・高齢者住宅など g.公園・緑地など
 h. 神社・仏閣など i.空き家・空き店舗など

 これらの調査結果の検討会をワークショップ形式で国分寺、練馬において実施しました。国立の検討会は2013年度に持ち越しました。2013年7月に政策課題をまとめ、地域の市民が使えるハンドブック形式の冊子を発行します。
<政策課題について>
 ①生活圏におけるネットワーク形成の対象になる施設、組織の抽出
 ②ネットワークの拠点となりうる施設、場所の提案
 ③ネットワークを形成する組織、拠点における人材の育成
 ④主体をコーディネートする体制(責任の所在の明確化など)の提案

■第8回もう一つの住まい方推進フォーラム2012

2012年11月10日にまちぽっとが事務局をつとめる「もうひとつの住まい方推進協議会(AHLA)」主催のフォーラム「協働による地域活性化への挑戦~暮らしと福祉の「多機能複合拠点」その可能性をさぐる~」が開催されました。
当日の様子はAHLAのHPからご覧下さい。

■住まいのセミナー開催

「人口縮小社会の住まいの政策」をテーマに3回のセミナーを実施しました。
 第1回「人口縮小社会の住宅政策」;2012年3月24日
    講師;小林秀樹・千葉大学教授・もうひとつの住まい方推進協議会代表
 第2回「住まい・住まい方を地域で支える仕組み」;4月14日
    講師;小川泰子・社会福祉法人いきいき福祉会専務理事
 第3回「高齢者の住まいを生活圏で支えるための政策課題」;5月19日
    講師;園田眞理子・明治大学教授

■第7回もう一つの住まい方推進フォーラム2011

2011年11月27日にまちぽっとが事務局をつとめる「もうひとつの住まい方推進協議会(AHLA)」主催のフォーラムが開催されました。テーマは「“どうする!サービスつき高齢者住宅-改正高齢者住まい法を問う-”」
当日の様子はAHLAのHPからご覧下さい。

■日経新聞に掲載

2011年1月16日の日経新聞に、「共同住宅 自ら築く」というタイトルの”住まい方”に関連した記事に、NPOまちぽっと事務局長辻利夫のコメントが掲載されました。
こちら(PDF / 8.9MB)

概要

市民事業による福祉の住まいづくりが実現するためには、どのような社会的条件が必要とされているのか、なにが障害となっているのかについて、これまでの高齢者の住まい政策を概括し、明らかにする。

まちぽっとが事務局を務める『もうひとつの住まい方推進協議会」(代表;小林秀樹・千葉大学教授)と共同して、高齢者の住まい政策について提言をまとめる。

メンバー

佐々木貴子(まちぽっと理事長)
辻 利夫(まちぽっと事務局長)
佐々木美貴(もうひとつの住まい方推進協議会事務局)


これまでの活動

  • 改正高齢者住まい法など高齢者の住まい政策についての調査、高齢者の住まい・施設の見学

成果・レポート

■これからの高齢者の住まいの課題と方向性

事務局として企画運営にあたった「もうひとつの住まい方研究大会」などでの議論をもとに、2008年12月に研究報告「これからの住まい方~課題と可能性をさぐる~」をまとめた。そのなかの提言部分「これからの高齢者の住まいの課題と方向性」を紹介する。
→こちらから

■季刊まちぽっと13号(2011年8月発行)

「高齢者の住まい・施設」を掲載。→こちら

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250