活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  トップ  >  NPO法制度の記録編纂

NPO法制度の記録編纂

トピックス

いまや4万5000を数えるNPO法人を生み出したNPO法は1998年3月、議員立法として参議院、衆議院の全会一致という画期的なかたちで成立した。まちぽっとの前身、東京ランポを母体に設立されたシーズ・市民活動を支える制度をつくる会など市民団体の強力な立法活動は市民立法の新たな歴史を開いたとも評価されている。

このNPO法および2001年3月に制定された認定NPO法人制度について、市民団体、政党・会派などによる法制度の制定過程における立案―立法活動の記録を整理・保存し、編纂を行い、市民団体による政策提言・立法活動および議員立法のあり方などの研究に活用されるかたちで保存、作成することを目指す。

概要

NPO法・認定NPO法人制度の制定過程に関する調査研究
―市民立法の記録保存と編纂を中心に―

記録は詳細な年表作成、文献・資料・証言等のリストと解題の作成及び解説を加えた内容とする。

(事業概要)
①NPO法の立法運動に関わった各種市民団体(経済団体、労働団体など含む)および政党・会派、行政などの資料を収集、整理し編纂する。
②立法運動に関わった市民、議員、行政職員、識者などにヒアリングを行い、まとめる。
③上記①、②を電子情報媒体などに保存する。整理した元の資料は国立公文書館などで保存し、公開する。
④上記①、②を基にNPO法制度の制定過程の立案―立法活動について証言のまとめと解説を行う。

(事業期間)
2011年4月~13年3月

メンバー(企画編纂委員会)

山岡義典(法政大学教授・日本NPOセンター代表理事)
早瀬 昇(大阪ボランティア協会常務理事)
坪郷 實(早稲田大学教授、まちぽっと理事)
渡辺 元(立教大学教授)
林 泰義(シーズ理事長、まちぽっと理事)
初谷 勇(大阪商業大学教授)
高木恒一(立教大学教授・共生社会研究センター長)
青木利元(元経団連社会貢献委員会)
辻 利夫(まちぽっと事務局長)


これまでの活動

2011年度は、下記を実施する。
①シーズなどの市民団体の資料収集と整理・保存
②関係者にヒアリングし、まとめる
③年表、ヒアリング、資料リストなどの中間まとめの作成

成果・レポート

成果物を3部構成で作成する。
第1部「詳細な年表」
第2部「文献・資料・証言等のリストと解題」
第3部「証言と解説」


認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250