まちぽっとについて

new!!!
NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  トップ  >  だれが公共サービスを担うのか、そのベストミックスは!-市民自治の発展と、地域ガバナンスの視点から-

だれが公共サービスを担うのか、そのベストミックスは!-市民自治の発展と、地域ガバナンスの視点から-

企画編集:NPOまちぽっと
2008年1月15日発行/A5版/本文:52頁
価格:800円(会員価格同じ)

…》この書籍を購入する(購入フォームへ)

指定管理者制度に代表されるように、公共サービスの担い手も「官から民へ」の流れになってきました。しかし、その原理を市場に委ねるべきなのかどうかでは見解が二つに分かれています。また、サービスそのものの「質」の問題や、地域から捉える視点も提示されるようになってきました。

自治体財政もいよいよ逼迫し、自治体が単独で支え得る公共サービスがますます限られてきた今日、公共サービスはどうあるべきか、また、誰が担うべきなのか。その際の自治体との契約はどうするべきなのか、そして公共サービスの運営主体の「ベストミックス」は…それらを総体的に論点を整理し、問題提起をした1冊です。ぜひご一読ください。

内容

1 公共サービスとは何だろうか

(1)自治体が提供する公共サービス
(2)各種法人の公共サービス、市民の自主事業としてのサービス

2 公共サービスのアウトソーシング

3 指定管理者制度と市場化テスト

 (1)指定管理者制度
 (2)「市場化テスト」

4 公共サービスの担い手の多様化

 (1)担い手の多様化
 (2)市民が自主的に担うサービス
 (3)自治体と市民団体との協働事業

5 公共サービスの質とアウトソーシングの契約手法

 (1)相次ぐ事故等の原因は何か
 (2)低価格競争のもたらすもの
 (3)営利企業の問題点
 (4)法が担保する「質」の向上、維持の方策
 (5)求められるILO94号条約の批准と公契約法・条例の制定

6 公共サービス運営のあり方とベストミックス

 (1)「公の施設」の管理・運営
 (2)福祉サービス
 (3)管理・運営方針の確立とPDCAサイクルへの市民の参画
 (4)地域が豊かになるために

7 自治体の課題と責任

 (1)自治体の課題
 (2)自治体の責任

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250