活動は下記をご覧ください


市民社会強化活動支援事業

NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

情報発信

  
2020-01-17

 これは、2020年1月17日の毎日新聞の見出しである。記事は以下のとおり。同様の記事は全紙が取り上げている。ただし現在のところに、内閣府のホームページにはアップされていない。
 千葉県の同様な検証報告(中間報告)とあわせて、最終報告に期待したい、

本文⇒こちら(pdf)


2020-01-16

 都内市区町村の指定管理者制度導入施設のうち、「福祉・保健センター」について一覧表の作成した(別紙、23区および市町村)。本稿は、この一覧表にもとづき、その導入状況の特徴と今後の課題について考えたものである。
1.導入状況について
2.業務委託か指定管理者制度か
3.今後の課題

本文⇒こちら(pdf)
<資料>
都内市区町村の「福祉・保健センター」の指定管理者制度導入状況
こちら(pdf)


2020-01-10

 神戸市は昨年7月、「神戸市民の住環境等をまもりそだてる条例」の一部を改正し、公布した。このうち、特別用途地区(都心機能誘導地区)における制限内容にかかる改正は、今年7月1日に施行される。
 この特別用途地区(都心機能誘導地区)における制限が「タワーマンション規制(タワマン規制)といわれるもので、この改正時にもマスコミなどで取り上げられた。
東京新聞は1月3日、こちら特報部で『神戸市が今夏「禁止令」全国波及か タワマン歓迎 曲がり理事)角 学校や病院足りず/防災、老朽化も課題』という見出しで取り上げた。「禁止令」とはショッキングな表現だが、実際には既述のように「神戸市民の住環境等をまもりそだてる条例」の一部改正である。東京新聞の記事を紹介するとともに、特に東京の課題を考えたい一部を引用しておきたい。

本文⇒こちら(pdf)
<資料> 東京新聞記事(2010年1月3日)
こちら(pdf)


2020-01-06

 私(伊藤)は数年前から、水俣市の胎児性水俣病患者の作業所である「ほっとはうす」の新聞切り抜き担当者が切り抜きした新聞のコピーンお中から、ブログ「市民自治ノート」に主だった記事を転載し、「水俣の現在」を伝える作業をしています。そこで「まちぽっとリサーチ」に、7回掲載分の全文をPDFで掲載し、熊本日日新聞が伝える裁判闘争の現状を伝えたいと思います。

本文⇒こちら(pdf)
<資料>
熊本日日新聞・水俣病特措法10年▼第3部の連載から
こちら(pdf)


2019-12-27

 この資料は、東京・生活者ネットワークとNPOまちぽっとなどで行っている「都市農業推進政策」PTで報告したものである。なお、近県や全国的な設置状況については、最近の統計がないので不明である(ウィキペディア(Wikipedia)には全国の農業公園が掲載されているが、かなり古いものである)。

本文⇒こちら(pdf)

<参考資料>
・杉並区立西田古いれあい農業公園
・練馬区立土支田農業公園こちら(pdf)


(1) 2 3 4 ... 66 »

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250