まちぽっとについて

new!!!
NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  情報発信 > HOME  >  東北大震災・福島原発災害

情報発信

インフラ整備だけが進み、住民の生活再建は置き去り
2016-08-21

 7月27日~29日、木質バイオマスエネルギーや太陽光発電の調査・視察のために、岩手県紫波町や福島県喜多方市、三島町などを訪ねた。そこで見聞きしたことや福島民報、民友の記事などから、苦闘する福島の被災者の現状について、NPO現代の理論・社会フォーラム(NEWS LETTER 2016年8月号)に寄稿した。以下の内容である。

1.現状
① インフラ整備
② 仮設住宅等と避難者
③ 復興公営住宅
④ 避難指示解除
⑤ 側溝汚泥
⑥ 自主避難者の諸課題
2.課題
(1) 新聞記事
(2) 住民の生活再建こそ優先課題

本文⇒こちら(PDF 3,730KB)



認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250