活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  情報発信

情報発信

福島原発被害者のおかれた状況とこれから-棄民政策を批判する。自己責任ではない
2016-10-18

 今回は、まちぽっと理事の伊藤久雄が10月22日にたんぽぽ舎で講演したときのレジメです。以下のような構成になっています。

□ 終わりのない原発災害
□ 避難者の状況
□ 長引く仮設入居生活
□ 自己責任で移転先の選択を強制
□ 災害関連死と福島
□ 避難指示解除でも人々は戻らない
□ 帰還困難区域の人々は
□ 中間貯蔵施設の遅れ
□ 原発汚染土再利用
  「基準緩和でコスト削減」環境省が試算
□ 賠償・除染負担 8兆円増
□ 常磐線復旧なら「帰還の希望に」は本当か?
□ 「復興交付金」は誰のためにあるのか
□ なぜ執行率が低く、基金がふえるのか
□ 参議院議員選挙結果は何を意味するか
□ 今後危惧されること

本文⇒こちら(PDF 1,651KB)



認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250