活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  情報発信 > HOME  >  自治体条例の動向

情報発信

都内4市の障害者差別解消条例の「合理的配慮」の特徴と課題
2018-10-09

 小金井市の「障害のある人もない人も共に学び共に生きる社会を目指す小金井市条例」を今年(2018年)10月1日に施行されました。この結果、都内市区町村の障害者差別解消条例は4条例が施行されることになります(八王子市はすでに条例を改正している)。また日野市は(仮称)日野市障害者差別解消推進条例策定検討委員会を設置し、条例素案の検討を行っています(第5回検討委員会は10月5日に開催)。
そこで4市の条例のうち、今後の課題として特に重要な「合理的配慮」規定の特徴を概観するとともに、八王子市が改正した理由等から、今後の課題を考えることとします。

本文⇒こちら(pdf)


<参考>
障害のある人もない人も共に安心して暮らせる八王子づくり条例(平成25年4月1日施行、平成28年4月1日改正施行)

国立市誰だれもがあたりまえに暮くらすまちにするための「しょうがいしゃがあたりまえに暮くらすまち宣言せんげん」の条例(平成28年4月1日施行)

立川市障害のある人もない人も共に暮らしやすいまちをつくる条例(平成3 0年4月1 日施行)

障害のある人もない人も共に学び共に生きる社会を目指す小金井市条例(平成30年10月1日施行)


(仮称)日野市障害者差別解消推進条例策定検討委員会



認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250