活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  情報発信 > HOME  >  自治体条例の動向

情報発信

東京都、公文書館条例・公文書管理条例改正案等、9月議会に提案
2019-09-06

 東京都は9月3日に開会された東京都議会に、公文書館条例案(新設)、公文書管理条例一部改正案および情報公開条例一部改正案を提出した。
 公文書館条例は新設条例である。現在、東京都には公文書館は当然ながら存在するが、条例は策定されていなかった。つまり現在の東京都公文書館は、情報公開請求には対応するものの、基本的には「東京都職員のための施設」であって、都民等のための施設-公の施設とは位置付けられてこなかったのである。今回、現在国分寺市内に建設中の公文書館の来年4月の開館にあわせて条例を策定するものである。
 公文書管理条例は、2017年に豊洲市場移転に関連して杜撰な文書管理が問題となり、急遽策定された経緯がある。今回の改正の概要を紹介し、課題を探ってみた。

本文⇒こちら(pdf)



認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250