活動は下記をご覧ください


市民社会強化活動支援事業

NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  情報発信

情報発信

熊本地震から4年 その教訓と課題-朝日新聞社説を題材に
2020-04-23

 震度7を観測する地震が2016年4月14日夜(前震)、および4月16日未明(本震)と2回も発生した熊本地震から4年が経過した。3月末時点でなお3100人が仮住まいを続けている。朝日新聞は4月15日、『熊本地震4年 住宅政策は「複線」で』と題して社説を掲載した。
避難所や仮設住宅は、今日なお多くの課題を背負ったままである。そこで朝日新聞社説を題材に、社説という枠には収まり切れない資料等を加えて、さらには昨年の台風19号による被災状況なども考慮しながら、課題を提起したいと思う。

本文⇒こちら(pdf)



認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250