活動は下記をご覧ください


市民社会強化活動支援事業

NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  情報発信 > HOME  >  都市計画・まちづくり

情報発信

要配慮者利用施設の避難確保計画に関する全国の作成状況と今後の課題
2020-07-13

 球磨川の氾濫などで熊本県に多数の死者、行方不明者がでている(7月12日現在、死者62名、心肺停止1名、行方不明6名。熊本県災害対策本部)。特に、球磨村の特別養護老人ホームで14名の死者が出ており、要配慮者利用計画の避難確保計画が課題として浮かび上がっている。
 国土交通省のHPには避難確保計画作成状況(令和2年1月1日現在)が掲載されている。この避難確保計画作成状況と課題についてレポートする。
1.避難確保計画と非常災害対策計画の比較
2.避難確保計画の作成状況
3.今後の課題

本文⇒こちら(pdf)



認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250