活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

仕事の依頼はこちらから

HOME  >  情報発信 > HOME  >  地域福祉

情報発信

地域福祉コーディネーター・コミュニティ・ソーシャルワーカー(CSW)と生活支援コーディネーターは何が違うのか
2014-11-18

 厚生労働省が、介護保険制度の改正にともなう要支援1・要支援2の市町村事業移行にともない、生活支援コーディネーター(生活支援サービスコーディネーターともいい、最終的な呼称は決まっていない)の育成をめざしている。
 一方、厚生労働省はこれまで地域福祉コーディネーター・コミュニティ・ソーシャルワーカー(CSW)を配置する事業(補助事業)をすすめてきた。それは2008年の「これからの地域福祉のあり方に関する研究会報告書」において、「地域福祉コーディネーター」の必要性が明記されたからである。
 厚生労働省の各局所管をみると、域福祉コーディネーター・コミュニティ・ソーシャルワーカー(CSW)は社会・援護局が、また生活支援コーディネーターは老健局が担当している。しかし、いずれも「地域支え合い」を謳っているのであり、これからの地域福祉にとってはこのような「縦割り」は弊害である。総合的、統一的な政策推進を要望したい。

本文⇒こちら(PDF 189KB)



認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250