活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

情報発信

  
2018-09-01

さる8月24日(金)午前、府中市における生活困窮者自立支援事業についてヒアリングを行った。今年、生活困窮者自立支援法が改正され(施行は10月1日もしくは来年4月1日)、法に居住支援が位置づけられ、住宅セーフティネット法との連携が謳われているため、生活困窮者自立支援事業の現状と、事業を実施する中で感じている居住支援についての課題を伺うことも目的の1つであった。
本文⇒こちら(pdf)


2018-08-26

 現在府中市においては、旧米軍の「府中基地跡地(留保地)」の利用計画が議論されている。しかし、この「府中基地跡地(留保地)」には広範囲に土壌汚染が残されている。この小論はその土壌汚染の状況を、現在同地を管理している関東財務局の調査資料などにもとづいて明らかにしたものである。内容は以下のとおり。

1.「府中基地跡地(留保地)」の状況
2.土壌汚染対策法に基づく要措置区域等の台帳の閲覧
3.府中基地跡地(留保地)」の土壌汚染の状況
4.今後の課題

本文⇒こちら(pdf)
資料:府中基地跡地 土壌汚染関係資料⇒こちら(pdf)


2018-08-20

 昨年10月、改正住宅セーフティネットが施行されてから1年が経過しようとしている。そこで現在、賃貸住宅供給促進計画の策定、居住支援法人指定数、セーフティネット住宅登録、居住支援協議会、家賃低廉化などの居住支援数について、全国と都内の状況をおもにインターネットで調査した。その内容は、以下のとおりである。

1.賃貸住宅供給促進計画の策定状況
2.居住支援法人指定数
3.セーフティネット住宅登録数
4.居住支援協議会
5.家賃低廉化などの居住支援

本文⇒こちら(pdf)


2018-08-12

 さる7月30日、豊洲市場における追加対策工事に対する確認調査結果等について、専門家会議が開催され「東京都が実施した追加対策により、将来リスクを踏まえた安全性が確認された」として記者会見が行われた。またこの専門家会議の評価を踏まえて翌31日、小池知事は豊洲市場について「安全宣言」を行い、8月1日、東京都として農林水産大臣に対して「築地から豊洲への移転」について認可申請を行った。
 しかし、課題は山積したまま何一つ解決していない。本小論は、確認調査と評価の概要および批判点等について簡単にまとめたものである。

1.追加対策工事に対する確認調査
2.専門家会議による確認の結果と評価
3.専門家会議による評価に対する批判
4.今後の課題

本文⇒⇒こちら(pdf)

<参考資料>
■豊洲市場における追加対策工事に対する確認調査結果等(専門家会議)
 http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/pdf/expert/kakunin/6.pdf
■豊洲追加対策工事の専門家会議評価コメント(元日本環境学会会長・畑 明郎)⇒こちら(pdf)


■移転の認可申請を受理しないよう求める要請書(築地市場営業権組合、築地・女将さん会⇒こちら(pdf) 


2018-08-05

「東京における都市計画道路の在り方に関する基本方針 中間のまとめ」が公表され、意見・提案が求められている。そこで伊藤の意見としてまとめ、東京都(都市整備局)に提出したのが本稿である(2018年8月1日、送付)。
 このまちぽっとリサーチをお読みの皆さんにも、ぜひ“大胆な”意見・意見を提出していただきたいと思う。なお、意見提出の期限は8月10日(金)までとなっている。

本文(意見・提案)⇒こちら(pdf)

<参考>
中間のまとめの全文
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kiban/tokyo/pdf/adviser_matome_01.pdf

各区市町の窓口
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kiban/tokyo/pdf/adviser_matome_02.pdf


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 54 »

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250