活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

情報発信

  
2018-05-13

 さる5月8日、府中かんきょう市民の会(都市農地・農業保全研究会)のメンバー8人で「くにたちはたけんぼ」を見学し、この農園を運営している小野淳さん(NPO法人くにたち農園の会理事長)からお話を聞いた。
 ここでは、都市農地の活用モデル、具体的な活動テーマなどを通して、都市農業の可能性を広げている「くにたちはたけんぼ」の新展開を考えたいと思う。

本文⇒こちら(pdf)

リーフレット(PDF)⇒こちら(pdf)


2018-05-06

 2015年に成立した「都市農業振興基本法」では、市街化区域農地について従来の「宅地化すべきもの」から「都市にあるべきもの」へとその位置づけを大転換転換した。そして昨年(2017年)には生産緑地法の一部を改正する法律案が成立し、生産緑地制度の面積要件の引き下げや買取申出の開始時期を10年延長する「特定生産緑地制度」が創設された。
 さらに現在、「都市農地の貸借の円滑化に関する法律案」が国会に上程されている。ここでは、都市農地の貸借の円滑化に関する法律案の概要や、関連するパンフレット、その他の論文や報告書を紹介する。

本文⇒こちら(pdf)

資料⇒こちら(pdf)


2018-04-29

 世田谷区は今年3月、世田谷区空家等実際調査報告書を配布した。その内容は以下のとおり。
第1章 空家等実態調査
第2章 空家等現地調査
第3章 建物使用実態アンケート調査
第4章 空家等実態調査の分析
 1 現地調査の結果
 2 アンケート調査結果の分析
 3 クロス集計結果の分析
 報告書の全文はホームページ上では公開されていない(一部公開)が、第4章の空家等実態調査の分析について簡単に紹介する。

本文⇒こちら(pdf)

<資料>
建物使用実態アンケート調査(アンケート内容)⇒こちら(pdf)


2018-04-29

 世田谷区は今年3月、世田谷区空家等実際調査報告書を配布した。その内容は以下のとおり。
第1章 空家等実態調査
第2章 空家等現地調査
第3章 建物使用実態アンケート調査
第4章 空家等実態調査の分析
 1 現地調査の結果
 2 アンケート調査結果の分析
 3 クロス集計結果の分析
 報告書の全文はホームページ上では公開されていない(一部公開)が、第4章の空家等実態調査の分析について簡単に紹介する。

本文⇒こちら(pdf)

<資料>
建物使用実態アンケート調査(アンケート内容)⇒こちら(pdf)


2018-04-22

 総務省は昨年11月7日、「平成28年度地方財政状況調査における基金の積立状況等に関する調査結果」を公表した。これは、2018年度の税制改正において、財務省が自治体の基金残高の増加を論拠に地方交付税のあり方にメスを入れようとしたことに反論するために調査したものといわれている。
結果的には見送られているが、2019年度の税制改正の課題の1つとなる可能性があるとされる。そこで総務省から2016年度の決算カードが公表されたのを機に、特別区と多摩26市の基金残高の現状をレポートしたものである。

本文⇒こちら(pdf)


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 51 »

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250