活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

情報発信

  
2013-12-25

 NPOまちぽっとのブログ(市民自治ノート)で、静岡市など県中部5市町で広域化について合意したことを記した。それでは、そもそも「消防の広域化」とは何だろうか。また、東京都の消防体制はどうなっているのだろうか。
(1)総務省の市町村消防広域化推基本指針(略)
(2)広域化の現状
 各都道府県の現状は、次の各都道府県の広域化推進計画が詳しい。また、その他の資料も参照されたい。
各都道府県の広域化推進計画
その他資料(総務省、消防広域化推進関係資料)
(以下、略)
(3)東京都の現状
市町村消防広域化推基本指針の当初の策定時には、東京都には6消防本部があり、それを4消防本部にする計画であった。その後、2010年年4月1日に東久留米市が消防事務を東京消防庁に委託して消防本部を解散したため、東京都の現在の状況は、23区は東京消防庁直轄、多摩地区は稲城市を除いて東京消防庁に事務委託、単独消防(市町村単独で消防本部を置くところ)は、稲城市、大島町、三宅村、八丈町である(東京消防庁をふくめて5つの消防本部)。したがって、現在広域化計画の対象となっているのは稲城市消防本部1つとなっている。
他の島村は消防本部が非常備である。
(以下、略)
本文⇒こちら(PDF /82KB)


2013-12-17

 「区画・再開発通信」(めざせ!住民主権のまちづくり)Vol.528(13年2月)の巻頭に私(伊藤)の「3.11と東京オリンピックに便乗した公共事業は許されない」と題した拙文が掲載されています。ぜひお読みください。
本文⇒こちら(PDF /29KB)


2013-12-09

 福島県の地方紙である「福島民友」は11月22日、中間貯蔵施設建設地の国有化について1面トップで報じました。しかし、全国紙はどこも報道していません。東京新聞も同様です。
 しかし、これまでの環境省による住民説明会の議事録を読むと、「福島民友」の報道内容の信ぴょう性は高いと思います。この間の経緯と課題等を伊藤がまとめました。
本文⇒こちら(PDF /1.3MB)

《本文の構成》
1.「福島民友」の報道概要
 ①中間貯蔵施設の建設地を国有化
 ②建設する施設は複数の種類がある
 ③広大な敷地を購入する理由
2.中間貯蔵施設に係わるこれまでの動き
3.検討会のまとめ概要
 (1)検討会開催の経緯
 (2)中間貯蔵施設安全対策検討会及び環境保全対策検討会の検討結果取りまとめ
4.住民説明会での環境省の答弁概要
 ①土地買収基準
 ②緩衝録地帯
5.課題


2013-12-03

さる11月27日に開催した「まちぽっとセミナー」(政策形成セミナー)にて使った都市計画、住宅政策等の変遷の一覧表と一覧表の要約(レジメ)です。一覧表は敗戦の年、1945年から今年2013年までの68年間を、主に全国開発計画などによって時代区分し、都市計画法や建築基準法と住宅政策に推移について作表したものです。ここには一覧表は掲載できませんので、本文にアクセスしてください。
本文⇒こちら(PDF /53KB)


2013-11-25

認定NPO法人数は、2013年11月18日現在524法人となり、ようやく500を超えた。しかし、認定NPOが500法人を突破したとはいって、下表のとおり仮認定が100法人あり、まだまだ認定数は少ないといわなければならない。

 課題は、仮認定も含めて認定NPOがない都道府県(福井県、奈良県、熊本県)、政令市(千葉市、堺市)があることである。もっとも、全体では東京都の認証数が205法人と約4割を占めており、東京に集中していることが問題の1つである。
本文⇒こちら(PDF /172KB)
《本文の構成》
(1)全国的な状況
(2)東京都の状況と課題


« 1 ... 46 47 48 (49) 50 51 »

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250