活動は下記をご覧ください


市民社会強化活動支援事業

NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

情報発信

  
2019-12-26

 本稿は、自治体政策研究会(生活者ネットの皆さんが中心に運営)で報告したものである。構成は以下のとおり・

1.東京都都市計画道路の整備状況
(1) 整備状況
(2)  第三次事業化計画における優先整備路線の着手状況
2.第四次事業化計画
(1)  第四次事業化計画案のパブリックコメント
(2)  第四次事業化計画の内容
③ 第四次事業化計画における優先整備路線
④ 見直し候補路線
⑤ 計画内容再検討路線
3.今後の課題
(1) 止まるところを知らない東京都の道路行政
(2) パブリックコメントに示された都民の意見は無視されている
(3) 国土交通省や他の道府県からみると
(4) 私がパブコメに際し、提出した意見

本文⇒こちら(pdf)


2019-12-19

 本稿(PDF)は、(一財)地域生活研究所が発行する「まちと暮らし研究」(NO.30 2019.12)の特集「これからの家、これからの住まい方」に寄稿したものである。
 なお本号には、同じまちぽっと理事の辻利夫氏が「空き家の福祉活用を考える」を寄稿している。

本文⇒こちら(pdf)


2019-12-16

 この小論は、現代の理論2020冬号に掲載したものである。11月初めに開催された護憲大会の分科会に助言者として参加した際のレジメに加筆したものである。(私の所属の中間に8の文字があるが、発売の際には修正されている)

本文⇒こちら(pdf)


2019-12-04

11 月 30 日(土)の午後、チッソと国の水俣病責任を問うシンポジウム NO.21 が開催され
た。第一部では、「 足尾鉱毒反対運動に学ぶもの」と題した菅井益郎さん(渡良瀬川研究会
/國學院大學名誉教授)の講演があった。菅井さんは私(伊藤)の小中学校時代の同級生だ
が、その内容は割愛し、ここでは第二部の「未認定患者の闘い」として報告された中から、
何点か紹介したいと思う。

本文⇒こちら(pdf)
<資料>
係争中の水俣病訴訟と水俣病認定患者・被害者数ほか
こちら(pdf)


2019-11-26

 総務省調査結果(2018年4月1日時点)にもとづいて、都内の自治体の導入施設および取消し等の状況と特徴について調査したものである。ただし、東京自治研究センターに設置された指定管理者制度研究会のレジメとして作成したものでわるので不十分なものである。引き続き、調査を継続したいと思う。

本文⇒こちら(pdf)
<資料>
指定管理者制度 指定取消し等の事例・東京都
こちら(pdf)


« 1 (2) 3 4 5 ... 66 »

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250