活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

情報発信

  
2018-09-10

 総務省消防庁は昨年(平成29年)11月2日、避難行動要支援者名簿の作成等に係る取組状況の調査結果について公表したが、この調査結果を手がかりに今後の課題を考えてみた。主な内容は以下のとおり。
1.調査結果の概要(抜粋)
2.東京都における調査結果の状況
3.今後の課題

本文⇒こちら(pdf)


2018-07-22

 所沢市議会の議会改革は、全国的に先進的な取組みが多い。本稿は、さる7月5日(木)に実施した所沢市議会ヒアリングのレポートである。このヒアリングは、市民政策研究会(主宰:坪郷實早稲田大学名誉教授)として実施したもので、所沢市議会の議会改革、特に議会としての市民参加が主要なテーマであった。

本文⇒こちら(pdf)


2018-03-04

 さる2月24日、府中において「就学時健診を考える府中市民の会」主催の講演会があった。テーマは『実践から考える「インクルーシブ教育」』、講師は現職の教師である宮澤弘道さんであった。
 私(伊藤)は、別の会議と重なっていて資料をもらっただけで帰ったのだが、講演会レジメが大変分かりやすいと思ったので紹介したいと思う。レジメの後半は担任として関わったAさんとの日々を通して考えるためのものだったが、実際に講演をきいていないのでその部分は割愛し、前段の部分のみを紹介する。
 最近の教育現場の状況には疎いので、レジメの中にあるインクルーシブ教育システムという文部科学省の用語、考え方については知らなかったので、大変参考になった。また図も分かりやすい。

伊藤久雄(認定NPO法人まちぽっと理事)

資料⇒こちら(pdf)

テーマ 『実践から考える「インクルーシブ教育」』-友人Aとの物語
1.はじめに
2.特別支援教育とインクルーシブ教育
 ① 特別支援教育とインクルーシブ教育
 ② インクルーシブ教育とインクルーシブ教育システム
3.学校文化とインクルーシブ教育
 ① 挨拶
 ② 整列
 ③ 性差
 ④ 一人称
 図-インクルーシブ教育の木


2018-01-28

標題をテーマに平成29年度東京都多摩地域公立図書館大会が開催されます。2月6日から8日までの長丁場ですが、公立図書館に関心のある方の参加を呼び掛けます。

本文⇒こちら(pdf)
ちらし⇒こちら(pdf)


2017-12-17

 まちぽっとリサーチ(2017年12月3日付)に「指定管理者制度と市民参加-東京自治研究センター月例フォーラム」(パワーポイント)を掲載したが、東京自治研究センター発行の季刊「とうきょうの自治」に文章化して掲載することになった(タイトル:指定管理者制度の今日的課題と市民参加による運用見直しの可能性)。本稿は、その原稿の中から、若者会議と新城市若者議会について取り出したものである。(12月3日付まちぽっとリサーチには若者会議の全国状況については触れていないが、ここには掲載する)
 「指定管理者制度の今日的課題と市民参加による運用見直しの可能性」については、今月末もしくは新年にも発行される予定である。発行された際にはブログ等で紹介したいと思う。

本文⇒こちら(pdf)
資料 若者会議の設置(開催)状況⇒こちら(pdf)


(1) 2 3 4 ... 9 »

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250