活動は下記をご覧ください


NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

情報発信

  
2019-04-14

総務省は、地方単独事業(ソフト)に係る決算情報について、全国の状況をより詳細に把握・分析し、その「見える化」の在り方を検討するため、平成30年5月から「地方単独事業(ソフト)の「見える化」に関する検討会」(座長:小西砂千夫 関西学院大学人間福祉学部・大学院経済学研究科教授)を開催してきたが、報告書が取りまとめられ、3月27日公表した
 この報告書の主な内容と今後の課題を簡単にまとめた。

本文⇒こちら(pdf)


2019-02-19

 2月14日の県民投票告示日と次の日、市民政策調査会の小林さんとともに、現地を取材した。本稿を、16日のブログ「市民自治ノート」に掲載したものである。写真は当該ブログをご覧頂きたい。

市民自治ノート(2019年2月16日付)


■ 辺野古座り込みテント村 かつての仲間と再会

続きを読む

2019-02-10

 2019年度東京都予算案は、東京オリンピック・パラリンピック2020大会関連の予算が突出し、過去最大規模の予算案となっている。
本稿は、2月8日に行われた練馬・生活者ネットワークの財政学習会用のレジメとして作成したものを若干修正したものである。

<参考資料>
◼️2019年度東京都予算案の概要

本文⇒こちら(pdf)

資料⇒こちら(pdf)


2018-06-10

 総務省の自治体戦略2040構想研究会が3月、第一次報告書を取りまとめ公表した。その内容を概観するともに、若干の問題提起を試みたのが本稿である。なお、第一次報告書の副題は、「人口減少下において満足度の高い人生と人間を尊重する社会をどう構築するか」となっている。

本文⇒こちら(pdf)


2018-06-04

 さる5月18日、全国市長会の政策推進委員会が設置した「ネクストステージに向けた都市自治体の税財政のあり方に関する研究会」は報告書をまとめ、市長会に提出した。この報告は、今後の超高齢・人口減少時代の財政需要に対応するため、「協働地域社会税(仮称)」の創設など、地方の新たな財源確保策の提言等を盛り込んでいる。
 その提言内容などをまちぽっとリサーチにまとめた。

本文⇒こちら(pdf)


(1) 2 3 4 ... 6 »

認定特定非営利活動法人 まちぽっと
160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250