大雪が降りました

今冬はたびたび寒波が押し寄せた影響で、北日本エリアをはじめ日本各地を大雪が襲ったニュースをたくさん目にしました。

コミュサーあおもりの事務所がある青森市も例外ではなく、年末から降り続いた雪の影響により運営しているフリースクール「サニーヒル」の開校を安全確保のために数日遅らせたとの報告が届きました。その報告とともに送られてきたのがトップの写真です。

「大雪」を超えて「豪雪」です。

こんな状態では家を出るにも事務所へ行くにもまずは除雪作業が必須。
出かけないからといって雪を放置することもできません。
玄関が塞がれてしまいますし、屋根に積もった雪をおろさなければ建物に負担がかかる上に、落雪の危険度も高まります。
さらに雪が降り続いてどんどん積もっていきます。

しかし、もはや人手による雪かきでは作業が追い付かない雪の量。
業者を頼ろうにもどこも除雪作業に追われているため、その業者探しや人手確保も困難だったそうです。

「青森は雪国だから雪に慣れてるんじゃないの?」と、つい思ってしまいそうですが、そんな雪に慣れた方たちの経験すらも凌駕する大雪だったそうです。
近年は温暖化の影響か、特に前年が暖冬で雪が少なかったため今回の大雪は本当に想定外のこと。なんと30年以上ぶりの降雪量になった記録的大雪でした。

雪があまり降らない地域に住んでいるとなかなかイメージがしづらいですが、日常の生活を脅かすレベルの大雪はもはや「自然災害」です。
新型コロナのことばかり気が向きがちでしたが、今回の報せを聞き身近に潜む災害の危険性や、それに備えることの重要性について、あらためて考えさせられました。

引き続き経過を確認しながら、今後の対策についても一緒に考え、取り組んでいきます。

認定NPO法人 まちぽっと

〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
TEL:03-5941-7948   FAX:03-3200-9250