活動は下記をご覧ください


市民社会強化活動支援事業

NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

募集・お知らせ
2020-01-22

ソーシャルジャスティス基金(SJF)アドボカシーカフェ62回
----------------------------------------------------------
【日時】2020年3月3日(火)13:30~16:00 (開場13:00)
【会場】文京シビックセンター 5階 会議室C
【ゲスト】古畑 恒雄さん(弁護士・更生保護法人「更新会」理事長)
マヒル・リラックスさん(トランスジェンダー コラムニスト)
塩田 祐子さん(監獄人権センター職員)

 今日、生きていてよかったですか。明日も生きたいですか。そう思うことが許されない刑罰は、私たちに幸せをもたらすでしょうか。

続きを読む
    最新ニュース
    2019-12-03

    休眠預金等活用法に基づく資金分配団体として、認定NPOまちぽっとが採択されました。

    今回、公募・審査を経て選定したのは、2019年度に休眠預金等を活用して助成を開始する事業であり、全体で22団体、24事業(2団体について複数事業を選定)、最長3年間の活動を対象とする助成総額は、約29.8億円(事業費21.6億円、基盤強化支援費用8.2億円)となります。

    近日中に実行団体の公募のための準備を進め、スケジュールも含めてお知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。


    ○認定NPOまちぽっと採択事業
    ・草の根活動支援事業 全国ブロック
    ・事業名「市民社会強化活動支援事業」


    指定活用団体JANPIAによるプレスリリース、資金分配団体の採択などの詳細はこちらをご覧ください。
    https://www.janpia.or.jp/other/news/press/press_20191129.html

      まちぽっとリサーチ
      2020-02-17

       子ども被災者支援法関連施策と2020年度予算(案)は、さる2月14日に開催された「原発事故子ども・被災者支援法」推進自治体議員連盟と福島震災情報連絡センターとの省庁ヒアリングで、担当省庁別に集約したものである。
       子ども被災者支援法関連施策2020年度予算(案)と省庁ヒアリングにみる国の無策ぶりを報告する。

      本文⇒こちら(pdf)
      <資料> 子ども被災者支援法関連施策
      こちら(pdf)

      2020-02-06

      先日(2月1日)、空き家・相続セミナーがあり、空き家問題の参考にしたいという思いから参加した。当日の講演は以下のとおり。
      〇 空き家問題と相続トラブル~あなたの実家を空き家にしないために~
        上田真一氏(NPO法人空き家・空地管理センター代表理事)
      〇 家族で考える相続準備 今、あなたができること
        高橋健一氏(司法書士ケン総合事務所)
       この2つの講演の中から、高橋健一氏の講演-民事信託(家族信託)について紹介したいと思う。

      本文⇒こちら(pdf)

      2020-01-30

      防災まち歩きと世田谷区資料から読み解く課題

       本稿は、世田谷・生活者ネットワークが行った台風19号の際に浸水した地域(多摩川沿いの玉堤地区など)のまち歩きと、世田谷区が開催した説明会資料などから、今後の課題を考えたもので、世田谷ネットのまち歩きのまとめの会議のレジメである。なお参考資料は、畑山弘氏が毎日新聞より作成したものである。
       内容は以下のとおり。

      1. 避難等の状況
      2. 世田谷区内と多摩川上流の降雨状況
      3. 区の「今後の対応について」
      4. 課題

      本文⇒こちら(pdf)
      <広域避難関連資料>
      自治体を避難に壁 毎日新聞(2020年1月12日)
      こちら(pdf)

        認定特定非営利活動法人 まちぽっと
        160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
        TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250