活動は下記をご覧ください


市民社会強化活動支援事業

NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

募集・お知らせ
2020-05-12

新型コロナウィルスへの対応のため、
・「草の根市民基金・ぐらん」公開選考会(2月29日) → 休止・延期
・アドボカシーカフェ(3月3日) → 2021年3月に延期
・アドボカシーカフェ(4月24日)→ 9月5日に延期
・アドボカシーカフェ(6月2日) → オンライン開催
としました。

認定NPO法人まちぽっとの職員は、当面自宅勤務となります。
恐れいりますが、ご連絡は「お問い合わせフォーム」http://machi-pot.org/modules/liaise/?form_id=1からお願いいたします。
確認しだい、こちらから連絡します。

以上、よろしくお願いいたします。

    最新ニュース
    2019-12-03

    休眠預金等活用法に基づく資金分配団体として、認定NPOまちぽっとが採択されました。

    今回、公募・審査を経て選定したのは、2019年度に休眠預金等を活用して助成を開始する事業であり、全体で22団体、24事業(2団体について複数事業を選定)、最長3年間の活動を対象とする助成総額は、約29.8億円(事業費21.6億円、基盤強化支援費用8.2億円)となります。

    近日中に実行団体の公募のための準備を進め、スケジュールも含めてお知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。


    ○認定NPOまちぽっと採択事業
    ・草の根活動支援事業 全国ブロック
    ・事業名「市民社会強化活動支援事業」


    指定活用団体JANPIAによるプレスリリース、資金分配団体の採択などの詳細はこちらをご覧ください。
    https://www.janpia.or.jp/other/news/press/press_20191129.html

      まちぽっとリサーチ
      2020-11-24

       要配慮者利用施設の避難確保計画作成の状況については、防災に関わる論考の中で何度か触れてきたが、改めて現在の作成状況と今後の課題について整理しておきたいと思う。
      1.水防法等による義務づけ
      2.全国の取り組み状況等について
      3.都内自治体の取り組み状況等について
      4.今後の課題

      本文⇒こちら(pdf)

      2020-11-20

       内閣府(民間資金等活用事業推進室)は9月23日、令和元年度(2019年度)のPFI事業の実施状況をとりまとめた。また府中市は10月16日、府中市市市民会館・中央図書館複合施設の維持管理・運営等事業計画をPFI方式によって進めるため、PFI法第5条の規定に基づく実施方針を策定し公表した。
      そこで、PFI事業の実施状況と府中市のPFI事業について報告し、今後の課題を検討したいと思う。

      本文⇒こちら(pdf)

      2020-11-13

      今年10月、令和元年度における森林環境譲与税の取組状況について(総務省・林野庁)が公表された東京都の譲与実績1億4403.7万円の使途一覧は産業労働局のHPに掲載されているが、市区町村の使途一覧表はなく、令和元年度都区財政調整算定結果を知ることができるだけである。そこで市区町村の使途については伊藤が各市区町村のHPをあたって作成した。
      現在2021年度(令和3年度)の予算編成が行われているが、今後の市区町村における論議に参考にしていただければと思う。

      本文⇒こちら(pdf)
      <参考資料>
      ◆ 都内市区町村 令和元年度森林環境譲与税の一覧
      こちら(pdf)

        認定特定非営利活動法人 まちぽっと
        160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
        TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250