活動は下記をご覧ください


市民社会強化活動支援事業

NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

募集・お知らせ
2020-05-12

新型コロナウィルスへの対応のため、
・「草の根市民基金・ぐらん」公開選考会(2月29日) → 休止・延期
・アドボカシーカフェ(3月3日) → 2021年3月に延期
・アドボカシーカフェ(4月24日)→ 9月5日に延期
・アドボカシーカフェ(6月2日) → オンライン開催
としました。

認定NPO法人まちぽっとの職員は、当面自宅勤務となります。
恐れいりますが、ご連絡は「お問い合わせフォーム」http://machi-pot.org/modules/liaise/?form_id=1からお願いいたします。
確認しだい、こちらから連絡します。

以上、よろしくお願いいたします。

    最新ニュース
    2019-12-03

    休眠預金等活用法に基づく資金分配団体として、認定NPOまちぽっとが採択されました。

    今回、公募・審査を経て選定したのは、2019年度に休眠預金等を活用して助成を開始する事業であり、全体で22団体、24事業(2団体について複数事業を選定)、最長3年間の活動を対象とする助成総額は、約29.8億円(事業費21.6億円、基盤強化支援費用8.2億円)となります。

    近日中に実行団体の公募のための準備を進め、スケジュールも含めてお知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。


    ○認定NPOまちぽっと採択事業
    ・草の根活動支援事業 全国ブロック
    ・事業名「市民社会強化活動支援事業」


    指定活用団体JANPIAによるプレスリリース、資金分配団体の採択などの詳細はこちらをご覧ください。
    https://www.janpia.or.jp/other/news/press/press_20191129.html

      まちぽっとリサーチ
      2020-05-20

       本稿は未定稿である。多くの皆さんからの批判、意見等を頂きたいと思う。なおウイルス災害については、まさに今新型コロナウイルス感染が渦中にあるが、終息も見通せない時期にあるので、一定程度落ち着いた段階で改めて考察する必要がある。
       なお本稿では、以下のような項目をたてている。
      1.4つの大災害
      2.気象災害
      3.地質災害
      4.生物災害
      5.原発災害
      6.大災害に備える

      本文⇒こちら(pdf)

      2020-05-13

      政府(内閣府、消防庁、厚生労働省)は4月7日、「避難所における新型コロナウイルス感染症への更なる対応について」(事務連絡)を都道府県、保健所設置市、特別区の首長あて発出した。
      こうした中で気仙沼市はいち早く4月20日、「新型コロナウイルス感染症対策を考慮した避難所対応について」を決定し、記者発表している。対応の重要事項は次の2点である。
      <重要事項>
      ■ 「感染症予防」「避難スペースの分散化」「指定避難所の増設および他施設の活用」
      ■ 避難所を開設する場合には、自治会・自主防災組織等へ避難所開設・運営の協力を依頼することがある
       そこで本稿は、政府や気仙沼市の対応方針を紹介し、東京新聞の記事等を参考にしながら、できるだけ早く対応方針を作成し、地域の住民に丁寧な説明し、避難訓練等の実施を行っていく必要があることを提起したものである。

      本文⇒こちら(pdf)
      <参考>
      〇 避難所における新型コロナウイルス感染症対への更なる対応について
        (令和2年4月7日事務連絡、内閣府、消防庁、厚生労働省) 本文参照
      〇 気仙沼市 新型コロナウイルス感染症等対策を考慮した避難所対応について
        (記者発表資料 令和2年4月20日) 本文参照
      〇 コロナ禍の今、災害が発生したら… 避難所 厳しい3密回避
        東京新聞「核心:(2020年5月6日) 別紙
      こちら(pdf)
      〇 「複合災害」に備える コロナ禍に考える
        東京新聞社説(2020年5月1日) 別紙
      こちら(pdf)

      2020-05-07

       表題の言葉は、次の論考の結びに書かれていることである。
      【視点】沖縄から 琉球大学准教授・山本章子さん (東京新聞2020年5月1日)
      戦争とマラリア 感染の歴史を問い直せ

       私は太平洋戦争の末期、日本軍兵士が戦闘死よりも病死、餓死が多かったというのは知っていたつもりだが、「沖縄の八重山諸島では戦闘より感染病(マラリアなど)による死者の方がはるかに多かった」という事実は恥ずかしながらしらなかった。「当時の八重山諸島の人口約3万人のうち半数超がマラリアにかかり、3647人が亡くなったとされる。波照間島の住民は約3分の1がマラリアで死亡した」とされる。
       山本章子さんは「兵士や八重山の住民を殺したのはマラリアではなく国策である」と結んでいる。山本さんの「戦後75年、コロナ感染の中でこそ歴史を問い直すべきだ。」という言葉を噛みしめたい。

      本文⇒こちら(pdf)
      <資料>
      【視点】沖縄から 琉球大学准教授・山本章子さん (東京新聞2020年5月1日)
      こちら(pdf)

        認定特定非営利活動法人 まちぽっと
        160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
        TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250