活動は下記をご覧ください


市民社会強化活動支援事業

NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

募集・お知らせ
2020-05-12

新型コロナウィルスへの対応のため、
・「草の根市民基金・ぐらん」公開選考会(2月29日) → 休止・延期
・アドボカシーカフェ(3月3日) → 2021年3月に延期
・アドボカシーカフェ(4月24日)→ 9月5日に延期
・アドボカシーカフェ(6月2日) → オンライン開催
としました。

認定NPO法人まちぽっとの職員は、当面自宅勤務となります。
恐れいりますが、ご連絡は「お問い合わせフォーム」http://machi-pot.org/modules/liaise/?form_id=1からお願いいたします。
確認しだい、こちらから連絡します。

以上、よろしくお願いいたします。

    最新ニュース
    2019-12-03

    休眠預金等活用法に基づく資金分配団体として、認定NPOまちぽっとが採択されました。

    今回、公募・審査を経て選定したのは、2019年度に休眠預金等を活用して助成を開始する事業であり、全体で22団体、24事業(2団体について複数事業を選定)、最長3年間の活動を対象とする助成総額は、約29.8億円(事業費21.6億円、基盤強化支援費用8.2億円)となります。

    近日中に実行団体の公募のための準備を進め、スケジュールも含めてお知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。


    ○認定NPOまちぽっと採択事業
    ・草の根活動支援事業 全国ブロック
    ・事業名「市民社会強化活動支援事業」


    指定活用団体JANPIAによるプレスリリース、資金分配団体の採択などの詳細はこちらをご覧ください。
    https://www.janpia.or.jp/other/news/press/press_20191129.html

      まちぽっとリサーチ
      2020-09-25

       2020年度の東京都財政は、かつてのバブル崩壊やリーマンショック後の都財政と同様に、歴史に残ることになるであろう。新型コロナウイルス感染症は、都民生活や都の経済社会に大きな影響を及ぼしているが、まず今年度当初予算から9月補正までの経緯を概観し、次年度の予算見積もりの課題を考えたいと思う。

      本文⇒こちら(pdf)

      2020-09-23

      障害児を普通学校(SSKR)(2020.9.NO。387)に、「コロナ禍の障害者」に関する重要な論文が2本掲載されている。ともに「トリアージの危うさ」に警鐘を鳴らす内容であった。
      もしかしたら、障害を持つ人々にとってもコロナ禍でなければ気が付かなかった課題かもしれないと考えたのだが、だとすれば健常者の私などには思いもつかないことであった。論文の1つでも言及されているが、新型コロナ感染症だけでなく大災害が頻発する現代において、見過ごすことのできない課題だと考え、2つの論文を紹介する次第である。

      本文⇒こちら(pdf)

      2020-09-17

       世田谷区は、第三回定例会に標題の議案を提出する。条例案はまだ公表されていないが、素案が公表されている。素案によれば、条例前文では、『「一人ひとりの希望及び権利が尊重され、ともに安心して自分らしく暮らせるまち、せたがや」を目指して、この条例を制定します。』としている。
       認知症に関する条例は、世田谷区もふくめて全国で9件あるとされている。

      本文⇒こちら(pdf)

        認定特定非営利活動法人 まちぽっと
        160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
        TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250