活動は下記をご覧ください


市民社会強化活動支援事業

NPO法立法過程記録の編纂・公開プロジェクト

NPO法20周年記念プロジェクト

NPO法20周年記念動画

市民自治ノート-NPOまちぽっとから

ソーシャルジャスティス基金

草の根市民基金・ぐらん

新宿市民ファンドネットワーク企画

もうひとつの住まい方推進協議会

過去のプロジェクトはこちら

明日へ基金

仕事の依頼はこちらから

募集・お知らせ
2020-01-08

あなたのまちの公共施設
―「公共施設等総合管理計画」と市民の参加―

 自治体が建設し運用する公共施設(学校、保育所、福祉施設、文化・体育施設、分庁舎)は長年増加傾向でしたが、近年その経過とともに建物・設備の更新、改修等の財源が一斉に求められる時期を迎えています。
 公共施設の管理・運営にかかる「財政負担の軽減」ならびに平準化、効率化には、地域や隣接地域における公共施設の適正再配置、運用状況の変化に応じた施設の移転集約・統廃合や機能分担、相互補完なども欠かせません。
 そのような状況のもと、各自治体での取組みの経過や課題を学び、施設のあり方、市民ニーズの収集や市民参加のしくみなどを学び、考えたいと思います。
ぜひご参加いただき、一緒に考えましょう!

○日 時 : 2020年2月4日(火)13:30~16:30
○会 場 : 生活クラブ館 スペース2
     (世田谷区宮坂3-13-13/小田急線 経堂駅より徒歩3分)
○プログラム:
   講 演 「公共施設等総合管理計画」とその課題
      畑山 弘さん (認定NPOまちぽっと監事)
   報告① 学校施設建設と市民参加
      木下 究さん (公社)東京自治研究センター
   報告② 図書館建設・運営と市民参加
      手嶋 孝典さん 町田の図書館活動をすすめる会代表
   報告③ 駅前再開発と一体化した葛飾区庁舎の移転問題
      塔嶌 麦太さん 葛飾区庁舎建替えに反対する区民の会事務局
   質 疑

○定 員 : 50名
○参加費 : 1,500円(ブックレット代含む)
○主催・申込み:認定NPO法人まちぽっと(担当:小林)
   〒160-0021 新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
   TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250
   E-mail info@machi-pot.org

    最新ニュース
    2019-12-03

    休眠預金等活用法に基づく資金分配団体として、認定NPOまちぽっとが採択されました。

    今回、公募・審査を経て選定したのは、2019年度に休眠預金等を活用して助成を開始する事業であり、全体で22団体、24事業(2団体について複数事業を選定)、最長3年間の活動を対象とする助成総額は、約29.8億円(事業費21.6億円、基盤強化支援費用8.2億円)となります。

    近日中に実行団体の公募のための準備を進め、スケジュールも含めてお知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。


    ○認定NPOまちぽっと採択事業
    ・草の根活動支援事業 全国ブロック
    ・事業名「市民社会強化活動支援事業」


    指定活用団体JANPIAによるプレスリリース、資金分配団体の採択などの詳細はこちらをご覧ください。
    https://www.janpia.or.jp/other/news/press/press_20191129.html

      まちぽっとリサーチ
      2020-01-17

       これは、2020年1月17日の毎日新聞の見出しである。記事は以下のとおり。同様の記事は全紙が取り上げている。ただし現在のところに、内閣府のホームページにはアップされていない。
       千葉県の同様な検証報告(中間報告)とあわせて、最終報告に期待したい、

      本文⇒こちら(pdf)

      2020-01-16

       都内市区町村の指定管理者制度導入施設のうち、「福祉・保健センター」について一覧表の作成した(別紙、23区および市町村)。本稿は、この一覧表にもとづき、その導入状況の特徴と今後の課題について考えたものである。
      1.導入状況について
      2.業務委託か指定管理者制度か
      3.今後の課題

      本文⇒こちら(pdf)
      <資料>
      都内市区町村の「福祉・保健センター」の指定管理者制度導入状況
      こちら(pdf)

      2020-01-10

       神戸市は昨年7月、「神戸市民の住環境等をまもりそだてる条例」の一部を改正し、公布した。このうち、特別用途地区(都心機能誘導地区)における制限内容にかかる改正は、今年7月1日に施行される。
       この特別用途地区(都心機能誘導地区)における制限が「タワーマンション規制(タワマン規制)といわれるもので、この改正時にもマスコミなどで取り上げられた。
      東京新聞は1月3日、こちら特報部で『神戸市が今夏「禁止令」全国波及か タワマン歓迎 曲がり理事)角 学校や病院足りず/防災、老朽化も課題』という見出しで取り上げた。「禁止令」とはショッキングな表現だが、実際には既述のように「神戸市民の住環境等をまもりそだてる条例」の一部改正である。東京新聞の記事を紹介するとともに、特に東京の課題を考えたい一部を引用しておきたい。

      本文⇒こちら(pdf)
      <資料> 東京新聞記事(2010年1月3日)
      こちら(pdf)

        認定特定非営利活動法人 まちぽっと
        160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501
        TEL:03-5941-7948 FAX:03-3200-9250